二日酔いの治し方、対処法

二日酔いの治し方、対処法

二日酔いになってしまった朝は、頭痛や吐き気、胃のむかつきなど気分がすごく悪いですよね。

 

でも、飲まなくてよいお酒なら断ることもできますが、「ノミニケーション」という言葉もある通り、仕事上の付き合いや、そもそもお酒を飲むお仕事の方もおおいのではないでしょうか。
私も飲みすぎないよう意識していても、職業柄つい飲み過ぎて、翌朝後悔するなんてことが多々あります。

 

そんな時の二日酔いの治し方、対処法をご紹介します。

 

 

 

 

まず二日酔いにならない為の事前の対策としては、お酒を飲む前に市販のドリンク剤や薬、サプリメントを飲みます。
こうすることで、二日酔いになる確率を下げることができます。

 

そして実際にお酒を飲んだ後の対処法としては、お酒を飲んでいる最中や、寝る前に水分をたくさん摂ることにしています。
お味噌汁を飲む機会があれば、しじみ汁なども効果的ですね。

 

このように二日酔いの治し方、対処法としては、事前の準備とお酒を飲んだ後の対処と二通りが考えられます。

 

これらを守るだけでつらい二日酔いが未然に防げたり、軽い症状で済むことになるのでお勧めです。

 

 

二日酔いの治し方(症状別)

 

頭痛

 

二日酔いとして現れる頭痛の症状の原因は、「アセトアルデヒド」と考えられます。そのため、体内のアセトアルデヒドを体から早く抜くことを考えると、水分補給が大事になってきます。
この時の水分ですが、コーヒーなどのカフェインを含むものはNGで、お水のほかには、スポーツドリンクや今は市販されている経口補水飲料などを飲むとより良いでしょう。

 

 

吐き気などの胃のムカつき

 

二日酔いの時の吐き気や胃のムカつきといった症状は、専用の飲み薬を飲むのが症状を和らげる一番効果的な方法です。
二日酔いで吐き気があるときは食事をする際は脂ものや刺激物を避けて、おかゆやお味噌汁などのさっぱりしたものを食べるようにしましょう。

 

これらを総合すると、お酒を飲む時にはお酒と同量くらいの水分を摂るのがおすすめです。
そして水分の補給にはスポーツドリンクや経口補水飲料など、電解質を含む飲み物を飲むとより効果が高くなります。

 

また、お酒を飲む前によく食べ物を胃に入れておいた方が良いと言いますが、食べ物を食べると、胃にものが入り、アルコールを吸収するスピードが遅くなる効果があります。
そうすることで、ゆっくりアルコールを酵素で分解できるようになるので二日酔い対策にもなるということです。

 

また二日酔いの治し方、対処法としては、質のよい睡眠をとるのがとても効果があるといわれています。
基本的にアルコールを摂っていると睡眠の質は悪くなるのですが、睡眠がとれないと、二日酔いの症状を悪化させることがあるので注意が必要です。

 

そんな時には、二日酔いを治すために、昼寝をするのがおすすめです。
寝すぎない程度に軽いお昼寝をすると二日酔いの症状が楽になるでしょう。

 

 

何をするよりイの一番に二日酔いに困っているなら「レバウルフ」が効果的です♪

 

二日酔いにはレバウルフ